デリヘル嬢に対する本番のお願い

本番行為をお願いされたことのないデリヘル嬢というのはほとんどいないそうです。デリヘルのプレイは密室どころか相手のテリトリーでのやり取りになるため、男性客も特に本番のお願いを言いやすい気持ちがあってそういってしまうのかもしれません。しかし一般的に知られているように、本番行為は法律上NGです。それをお願いすることも受けることもNGになってしまいます。つまり本番行為をお願いする男性は、デリ嬢に犯罪の方棒を担ぐように言っているわけですし、逆に本番行為を許容したり自分から提供しようとする風俗嬢は客にその逆のことをしようとしているわけです。お互いに法律上NGであるということをしっかり理解しておくことが大切です。

デリヘルの中には本番行為についての言及があった時点で即プレイを終了させるというお店もあります。それくらい言葉に出すだけでデリ嬢を傷つけかねない事なのです。またデリ嬢自身も不愉快な思いや傷つけられないように自己防衛していますので、客側の妙な挙動や妙な言動には常に注意を払っています。それらはサービスをする上での士気を自ずと下げますし、やる気をそぐことに繋がってしまいます。そのため楽しいプレイの時間を過ごすためにもマナーを守る必要はあるのです。

サブコンテンツ